食事による脇の臭いの変化

汗をあまりかかないときでも、何故か強烈に臭う脇の汗の臭いがありました。

 

それは脂っこい食事をしたとき前後です。

 

 

とくに脂肪分の多いもの(肉類・ケーキ)ばかりの、
バイキングにいった翌週は自分でも分かるくらい臭いし困りました。

 

運動などをしていなくても、夏場の暑いときに必要最低限の汗は出てきます。
この汗は自分では、あまりコントロールできません。

 

そんなコントロールできない汗の臭いが強烈だったという事ですごく困りました。
しかも、夏場のブラウスシャツのときにそれはおこりました。

 

Tシャツなどとは違い気軽に着替えにいく事もできなく非常に困りました。
自分で分かっていたので、取引先の方の前に座る際に余計に緊張してしまい、冷や汗が出てきました。

 

まさに悪循環だったと思います。

 

この事から大切な営業のときは食事にも気を配ろうと思うようになりました。

 

また、このときに活躍してくれたのがロールオンタイプの制汗剤です。
ミョウバン配合のものには殺菌作用そのものがあるので、
香りを臭いでごまかしきれないときには最初にこのタイプを脇に塗りまくりました。

 

この事により外からのメンテナンスだけでなく、中からのメンテナンスも大切なんだと気づきました。